Human colon, ulcerative colitis: immunohistochemical staining for CD16. Note intense membrane staining of infiltrating natural killer cells, granulocytes and activated macrophages. CD16: clone 2H7

CD16

cd16

Antigen Background

CD16は、分子量50-70kDの膜タンパクで、別名FcγRIIIと呼ばれ、IgGの低親和性Fcレセプターとして機能しています。CD16は、NK細胞、顆粒球、活性化マクロファージ、α/βもしくはγ/δ T 細胞レセプターのどちらかを発現しているT細胞サブセットに発現し、多形核細胞ではGPI-アンカータンパクとしておよびNK細胞では膜貫通タンパクとして存在しています。

Disclaimer

CD16 is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

  • CD16-L-CE
    NCL-L-CD16,CD16,2H7,1mL
    2H7
    Liquid Concentrate
    P (HIER)
    SDS(pdf) Datasheet(pdf)

製品仕様書

製品仕様書

CD16-L-CE
Hematopathology
2H7
Liquid Concentrate
No
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
1ml

カタログ・取扱説明書など

カタログ・取扱説明書など

関連資料

関連資料

Antigen Background

CD16は、分子量50-70kDの膜タンパクで、別名FcγRIIIと呼ばれ、IgGの低親和性Fcレセプターとして機能しています。CD16は、NK細胞、顆粒球、活性化マクロファージ、α/βもしくはγ/δ T 細胞レセプターのどちらかを発現しているT細胞サブセットに発現し、多形核細胞ではGPI-アンカータンパクとしておよびNK細胞では膜貫通タンパクとして存在しています。

Disclaimer

CD16 is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

Recently Viewed

View All