Human colon, gastrointestinal stromal tumor: immunohistochemical staining for CD117. Note membrane staining of neoplastic cells. CD117: clone EP10

CD11c

cd11c

Antigen Background

CD11cは分子量145-150kDの膜貫通型糖タンパクで、別名p150, インテグリンαX鎖, CR4と呼ばれるインテグリンファミリーの分子です。CD11cは、他の白血球インテグリン(CD11a、CD11b、CD11d)と同様に、LFA-1β鎖(別名 インテグリンβ2)であるCD18とヘテロダイマーを形成しています。CD11cは、主に骨髄系細胞に発現が認められ、またNK細胞、活性化T細胞、樹状細胞の一部、リンパ球系培養細胞にも陽性が認められます。腫瘍では、骨髄単球性白血病およびヘアリー細胞白血病に陽性が認められています。

Disclaimer

CD11c is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

  • CD11C-563-L
    【CE有】NCL-L-CD11C-563,CD11c,5D11,1mL
    5D11
    Liquid Concentrate
    P (HIER)
  • CD11C-563-L-CE
    NCL-L-CD11C-563,CD11c,5D11,1mL
    5D11
    Liquid Concentrate
    P (HIER)
  • PA0554
    CD11c
    5D11
    BOND RTU
    P (HIER)

製品仕様書

製品仕様書

CD11C-563-L
Hematopathology
5D11
Liquid Concentrate
Yes
P (HIER)
Mono
Mouse
Research Use Only
1ml
CD11C-563-L-CE
Hematopathology
5D11
Liquid Concentrate
Yes
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
1ml
PA0554
Hematopathology
5D11
BOND RTU
Yes
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
7ml

カタログ・取扱説明書など

カタログ・取扱説明書など

関連資料

関連資料

Antigen Background

CD11cは分子量145-150kDの膜貫通型糖タンパクで、別名p150, インテグリンαX鎖, CR4と呼ばれるインテグリンファミリーの分子です。CD11cは、他の白血球インテグリン(CD11a、CD11b、CD11d)と同様に、LFA-1β鎖(別名 インテグリンβ2)であるCD18とヘテロダイマーを形成しています。CD11cは、主に骨髄系細胞に発現が認められ、またNK細胞、活性化T細胞、樹状細胞の一部、リンパ球系培養細胞にも陽性が認められます。腫瘍では、骨髄単球性白血病およびヘアリー細胞白血病に陽性が認められています。

Disclaimer

CD11c is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

Recently Viewed

View All