Malignant Melanoma: Immunohistochemistry staining of S-100B scanned using the Aperio AT2. Nuclear and cytoplasmic staining in tumor cells. S-100B: clone EP32

S-100

s-100

抗体のバックグラウンド

S–100A およびS–100B タンパク質は、S–100 タンパク質ファミリーの2つのメンバーです。S–100A サブタイプは1つのアルファチェーンと1つのベータチェーンで構成され、一方のS–100B は2つのベータチェーンで構成されています。 S–100 タンパク質は、神経およびメラニン細胞を含む神経外胚葉組織で発現することが報告されています。皮膚のランゲルハンス細胞でもS–100 タンパク質が発現することが報告されています。 注目すべき性質として、S–100 タンパク質は非常に溶けやすく、免疫組織化学的手順の間に凍結組織から溶出する可能性があります。

製品固有情報

Clone EP32 は、S–100 ベータタンパク質に対して産生されました。免疫反応性は、神経外胚葉組織(例: メラニン細胞、神経線維、樹状細胞、脂肪細胞、マクロファージ、リンパ球、形質細胞)で観察されました。

免責事項

S–100 は、非免疫組織化学染色を用いた従来の組織病理検査を補完するものとして、正常組織および新生物組織からの特異的抗原の検出に利用することを推奨します。

  • PA0031
    7mL S-100 (EP32) BOND RTU Primary
    EP32
    BOND RTU
    P (HIER)
  • S100-167-L-CE
    1mL NCL-L-S100-167
    EP32
    Liquid Concentrate
    P (HIER)
  • PA0900
    S-100(医)
    POLYCLONAL
    BOND RTU
    P (ENZYME)
  • This item replaces S100P-L-CE-SS100P-R-7S100-SS100-US100S100P-L-S
    S100P-L-CE
    (医)NCL-L-S100p,S-100,PAb,1mL
    POLYCLONAL
    Liquid Concentrate
    P
  • S100P-L
    【CE有】(医)NCL-L-S100p,S-100,PAb,1mL
    POLYCLONAL
    Liquid Concentrate
    P

製品仕様書

製品仕様書

PA0031
EP32
BOND RTU
Yes
P (HIER)
Mono
Rabbit
In Vitro Diagnostic Use
7ml
S100-167-L-CE
EP32
Liquid Concentrate
Yes
P (HIER)
Mono
Rabbit
In Vitro Diagnostic Use
1ml
PA0900
Dermatopathology
POLYCLONAL
BOND RTU
Yes
P (ENZYME)
Poly
Rabbit
In Vitro Diagnostic Use
7ml
S100P-L-CE
Dermatopathology
POLYCLONAL
Liquid Concentrate
Yes
P
Poly
Rabbit
In Vitro Diagnostic Use
1ml
S100P-L
Dermatopathology
POLYCLONAL
Liquid Concentrate
Yes
P
Poly
Rabbit
Research Use Only
1ml

カタログ・取扱説明書など

カタログ・取扱説明書など

関連資料

関連資料

抗体のバックグラウンド

S–100A およびS–100B タンパク質は、S–100 タンパク質ファミリーの2つのメンバーです。S–100A サブタイプは1つのアルファチェーンと1つのベータチェーンで構成され、一方のS–100B は2つのベータチェーンで構成されています。 S–100 タンパク質は、神経およびメラニン細胞を含む神経外胚葉組織で発現することが報告されています。皮膚のランゲルハンス細胞でもS–100 タンパク質が発現することが報告されています。 注目すべき性質として、S–100 タンパク質は非常に溶けやすく、免疫組織化学的手順の間に凍結組織から溶出する可能性があります。

製品固有情報

Clone EP32 は、S–100 ベータタンパク質に対して産生されました。免疫反応性は、神経外胚葉組織(例: メラニン細胞、神経線維、樹状細胞、脂肪細胞、マクロファージ、リンパ球、形質細胞)で観察されました。

免責事項

S–100 は、非免疫組織化学染色を用いた従来の組織病理検査を補完するものとして、正常組織および新生物組織からの特異的抗原の検出に利用することを推奨します。

Recently Viewed