T cell lymphoma: immunohistochemical staining for CD7. Note the intense membrane staining of tumor cells. CD7: clone LP15

CD7

cd7

Antigen Background

CD7は、40kDの膜結合型糖タンパクで、T細胞の分化段階の最も初期から発現し、分化を通してその発現が持続します。CD7の機能と役割についてはいまだ十分には明らかにされていませんが、γ/δ受容体を介するT 細胞の活性化が提唱されています。CD7は、大多数の末梢血T細胞、ナチュラルキラー細胞および胸腺細胞に認められることが報告されています。

Disclaimer

CD7 is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains

  • CD7-580-L-CE
    NCL-L-CD7-580,CD7,LP15,1mL
    LP15
    Liquid Concentrate
    P (HIER)
  • PA0266
    CD7
    LP15
    BOND RTU
    P (HIER)

製品仕様書

製品仕様書

CD7-580-L-CE
Hematopathology
LP15
Liquid Concentrate
Yes
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
1ml
PA0266
Hematopathology
LP15
BOND RTU
Yes
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
7ml

カタログ・取扱説明書など

カタログ・取扱説明書など

関連資料

関連資料

Antigen Background

CD7は、40kDの膜結合型糖タンパクで、T細胞の分化段階の最も初期から発現し、分化を通してその発現が持続します。CD7の機能と役割についてはいまだ十分には明らかにされていませんが、γ/δ受容体を介するT 細胞の活性化が提唱されています。CD7は、大多数の末梢血T細胞、ナチュラルキラー細胞および胸腺細胞に認められることが報告されています。

Disclaimer

CD7 is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains

Recently Viewed

View All