HeLa cell line: immunohistochemical staining for Aurora Kinase. Note nuclear staining of a proportion of cells. Aurora Kinase 2: clone JLM28

Aurora Kinase 2

aurora-kinase-2

Antigen Background

Aurora kinase 1と2は、有糸分裂および減数分裂時に微小管紡錘体の活性に関与する細胞周期制御セリン/スレオニンキナーゼをコードしています。Aurorakinase 2 は、STK15、BTAK、ARK1、AIKとしても知られ、間期および有糸分裂時の中心体と紡錘体極に局在します。哺乳類の細胞ではG2/M期の後に迅速に分解されます。Aurora kinase 2は、精巣とさまざまな増殖細胞株(HeLa細胞など)に高発現することが報告されています。Aurora kinase 2は、活性および安定性に重要なリン酸化により制御されています。Aurora kinase 2の活性を阻害すると単極紡錘体が形成されます。Aurora kinase 2の活性が中心体分離に必要なためです。哺乳類細胞でAurora kinase 2を過剰発現させると、中心体増幅、染色体不安定性、形質転換が起こります。活性型および不活性型のAurora kinase 2の過剰発現では、倍数性が生じることがあります。このことは、Aurora kinase 2がドミナントネガティブ変異体として働き、他のAurora kinaseを阻害することを示唆しています。しかし、不活性型キナーゼが発現すると、活性型キナーゼが発現した場合とは異なり、細胞は最終的に死滅し、不死化することはありません。

  • AK2-L
    NCL-L-AK2:Aurora Kinase 2:1mL
    JLM28
    Liquid Concentrate
    P (HIER) W

製品仕様書

製品仕様書

AK2-L
Specialized
JLM28
Liquid Concentrate
No
P (HIER) W
Mono
Mouse
Research Use Only
1ml

カタログ・取扱説明書など

カタログ・取扱説明書など

関連資料

関連資料

Antigen Background

Aurora kinase 1と2は、有糸分裂および減数分裂時に微小管紡錘体の活性に関与する細胞周期制御セリン/スレオニンキナーゼをコードしています。Aurorakinase 2 は、STK15、BTAK、ARK1、AIKとしても知られ、間期および有糸分裂時の中心体と紡錘体極に局在します。哺乳類の細胞ではG2/M期の後に迅速に分解されます。Aurora kinase 2は、精巣とさまざまな増殖細胞株(HeLa細胞など)に高発現することが報告されています。Aurora kinase 2は、活性および安定性に重要なリン酸化により制御されています。Aurora kinase 2の活性を阻害すると単極紡錘体が形成されます。Aurora kinase 2の活性が中心体分離に必要なためです。哺乳類細胞でAurora kinase 2を過剰発現させると、中心体増幅、染色体不安定性、形質転換が起こります。活性型および不活性型のAurora kinase 2の過剰発現では、倍数性が生じることがあります。このことは、Aurora kinase 2がドミナントネガティブ変異体として働き、他のAurora kinaseを阻害することを示唆しています。しかし、不活性型キナーゼが発現すると、活性型キナーゼが発現した場合とは異なり、細胞は最終的に死滅し、不死化することはありません。

Recently Viewed

View All