Human tonsil: immunohistochemical staining for Cyclin D1. Note nuclear staining of a subset of proliferating epithelial cells. Cyclin D1: clone EP12
New Picture: Human mantle cell lymphyoma: nuclear staining of the malignant post-germinal B lymphocytes. Cyclin D1: colne EP12

Cyclin D1

cyclin-d1

Antigen Background

Cyclin D は、主に細胞周期のG1期にサイクリン依存性キナーゼ活性を制御することで機能するタンパクファミリーです。Cyclin D1は36kDのタンパクで、PRAD1やbcl-1としても知られています。Cyclin D1発現のピークは、細胞周期におけるmid G1期からlate G1 期のチェックポイントにみられます。Cyclin D1遺伝子は11q13に位置し、マントル細胞リンパ腫では染色体転座t(11 ; 18)により過剰発現すると報告されています。

Disclaimer

Cyclin D1 is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

  • CYCLIND1-GM-L
    【CE有】NCL-L-CYCLIND1-GM,Cyclin D1,P2D11F1
    P2D11F11
    Liquid Concentrate
    P (ENZYME/HIER)
  • CYCLIND1-GM-L-CE
    NCL-L-CYCLIND1-GM,Cyclin D1,P2D11F11,1mL
    P2D11F11
    Liquid Concentrate
    P (ENZYME/HIER)
  • PA0046
    PA0046,Cyclin D1,EP12,7mL
    EP12
    BOND RTU
    P (HIER)

製品仕様書

製品仕様書

CYCLIND1-GM-L
Hematopathology
P2D11F11
Liquid Concentrate
No
P (ENZYME/HIER)
Mono
Mouse
Research Use Only
1ml
CYCLIND1-GM-L-CE
Hematopathology
P2D11F11
Liquid Concentrate
No
P (ENZYME/HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
1ml
PA0046
Hematopathology
EP12
BOND RTU
Yes
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
7ml

カタログ・取扱説明書など

カタログ・取扱説明書など

関連資料

関連資料

Antigen Background

Cyclin D は、主に細胞周期のG1期にサイクリン依存性キナーゼ活性を制御することで機能するタンパクファミリーです。Cyclin D1は36kDのタンパクで、PRAD1やbcl-1としても知られています。Cyclin D1発現のピークは、細胞周期におけるmid G1期からlate G1 期のチェックポイントにみられます。Cyclin D1遺伝子は11q13に位置し、マントル細胞リンパ腫では染色体転座t(11 ; 18)により過剰発現すると報告されています。

Disclaimer

Cyclin D1 is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

Recently Viewed

View All