Human tonsil: immunohistochemical staining for CD56. Note the NK cells and CD4/CD8 double positive T cells show a weak to moderate and distinct membrane staining reaction while the majority of lymphocytes are unstained. CD56: clone CD564

CD56 (NCAM)

cd56-ncam

Antigen Background

NCAM(神経細胞接着分子)は、胚形成、発生および神経細胞間の接触を介した相互作用に関与すると考えられる細胞表面糖タンパクのファミリーです。CD56(NCAM)は、5番染色体に位置する単一遺伝子由来RNA転写物の選択的スプライシングによって産生される4つの主要なアイソフォームで構成されています。CD56はニューロン、星状膠細胞、シュワン細胞、NK細胞および活性化Tリンパ球のサブセットに発現します。

Disclaimer

CD56 (NCAM) is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

  • CD56-504-L-CE
    NCL-L-CD56-504,CD56,CD564,1mL
    CD564
    Liquid Concentrate
    P (HIER)
  • PA0191
    CD56
    CD564
    BOND RTU
    P (HIER)

製品仕様書

製品仕様書

CD56-504-L-CE
Hematopathology
CD564
Liquid Concentrate
Yes
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
1ml
PA0191
Hematopathology
CD564
BOND RTU
Yes
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
7ml

カタログ・取扱説明書など

カタログ・取扱説明書など

関連資料

関連資料

Antigen Background

NCAM(神経細胞接着分子)は、胚形成、発生および神経細胞間の接触を介した相互作用に関与すると考えられる細胞表面糖タンパクのファミリーです。CD56(NCAM)は、5番染色体に位置する単一遺伝子由来RNA転写物の選択的スプライシングによって産生される4つの主要なアイソフォームで構成されています。CD56はニューロン、星状膠細胞、シュワン細胞、NK細胞および活性化Tリンパ球のサブセットに発現します。

Disclaimer

CD56 (NCAM) is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

Recently Viewed

View All