Chronically inflamed human bronchus: immunohistochemical staining CD38. Note intense membrane staining of infiltrating activated T lymphocytes. CD38: clone SPC32

CD38

cd38

Antigen Background

CD38は、分子量46kDのII型単鎖膜貫通型糖タンパクです。ADPリボシルシクラーゼ、サイクリックADPリボースヒドロラーゼ、NADグリコヒドロラーゼ活性を有する細胞外酵素であり、cADPR(細胞内Ca2+イオンの動態を制御するセカンドメッセンジャー)の形成と加水分解に関与しています。CD38 は当初、T リンパ球分化抗原として同定されましたが、さまざまな細胞と組織に発現することが報告されています。CD38 は、リンパ系および骨髄系細胞に強力な増殖および分化シグナルを伝達する能力をもっています。B細胞系およびT細胞系の未熟細胞に認められますが、ほとんどの成熟した休止期末梢リンパ球にはみられません。胸腺細胞、Pre B細胞、胚中心B細胞、マイトジェン活性化T細胞、免疫グロブリン産生形質細胞、単球、NK細胞、骨髄の赤血球前駆細胞と骨髄系前駆細胞および脳細胞にも存在しています。CD38は、神経原線維変化(アルツハイマー病の病理学的指標であり、神経細胞体および近位樹状突起に生じる)でも報告されています。

Disclaimer

CD38 is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

Products

Products

CD38-290-L-CE
NCL-L-CD38-290,CD38,SPC32,1mL
在庫を確認する

Contact Us for a quote.

ダウンロード

ダウンロード

CD38-290-L-CE

Recently Viewed