Human lymphoma: immunohistochemistry staining for CD31. Note the membrane staining of endothelial cells. CD31: Clone JC70A

CD31 (PECAM-1)

cd31-pecam-1

Antigen Background

CD31(PECAM-1)は、130-140kDの単鎖膜貫通型糖タンパクです。CD31は血小板、単球、顆粒球、B細胞の細胞表面および血管内皮細胞に発現しています。この分子は、典型的な細胞間接着分子の特徴である、6つのC2サブクラスのIg-likehomology 部位を細胞外ドメインにもっています。この細胞外ドメインは、血管内皮細胞と細胞の接着に関与し、内皮細胞の単層構造を安定化させる働きをしている可能性があります。またCD31の細胞内ドメインには、細胞の活性化後のリン酸化を行う部位をもっています。CD31は、血管新生、血栓形成および創傷治癒の間の相互作用に関与することが示唆されています。血管新生は、腫瘍の成長や転移に大きな役割を果たしています。

Disclaimer

CD31 (PECAM-1) is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

  • CD31-607-L-CE
    NCL-L-CD31-607,CD31,JC70A,1mL
    JC70A
    Liquid Concentrate
    P (HIER)
  • PA0414
    PA0414,CD31,JC70A,7mL
    JC70A
    BOND RTU
    P (HIER)
  • PA0250
    【中止1610】CD31 (PECAM-1)
    1A10
    BOND RTU
    P (HIER)

製品仕様書

製品仕様書

CD31-607-L-CE
Soft Tissue Pathology
JC70A
Liquid Concentrate
Yes
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
1ml
PA0414
Soft Tissue Pathology
JC70A
BOND RTU
Yes
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
7ml
PA0250
Soft Tissue Pathology
1A10
BOND RTU
No
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
7ml

カタログ・取扱説明書など

カタログ・取扱説明書など

関連資料

関連資料

Antigen Background

CD31(PECAM-1)は、130-140kDの単鎖膜貫通型糖タンパクです。CD31は血小板、単球、顆粒球、B細胞の細胞表面および血管内皮細胞に発現しています。この分子は、典型的な細胞間接着分子の特徴である、6つのC2サブクラスのIg-likehomology 部位を細胞外ドメインにもっています。この細胞外ドメインは、血管内皮細胞と細胞の接着に関与し、内皮細胞の単層構造を安定化させる働きをしている可能性があります。またCD31の細胞内ドメインには、細胞の活性化後のリン酸化を行う部位をもっています。CD31は、血管新生、血栓形成および創傷治癒の間の相互作用に関与することが示唆されています。血管新生は、腫瘍の成長や転移に大きな役割を果たしています。

Disclaimer

CD31 (PECAM-1) is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

Recently Viewed

View All