Human liver: immunohistochemical staining for CD13. Note staining of the bile canniculi. CD13: clone 38C12

CD13

cd13

Antigen Background

CD13は、アミノペプチダーゼNとしても知られ、白血球抗原CD10、CD26、CD73および BP-1を含むII型膜内在性メタロプロテアーゼに属します。CD13は、ヒトと数種の動物に呼吸器疾患を引き起こすコロナウイルスに対する受容体です。CD13は、亜鉛メタロプロテアーゼとして機能し、MHCクラスII結合ペプチドのN末端アミノ酸をトリミングすることによりは、細胞表面の抗原提示に役割を果たしています。CD13は、顆粒球、単球、それらの前駆体、ほとんどの急性骨髄性白血病、および急性リンパ性白血病の一部に発現すると報告されています。CD13を発現する非造血系細胞としては、一部の上皮細胞、腎の近位尿細管、腸上皮細胞の刷子縁、内皮細胞、線維芽細胞、脳細胞、破骨細胞、毛細胆管などがあります。

Disclaimer

CD13 is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

  • CD13-304-L-CE
    NCL-L-CD13-304,CD13,38C12,1mL
    38C12
    Liquid Concentrate
    P (HIER)
  • PA0304
    PA0304,CD13,38C12,7mL
    38C12
    BOND RTU
    P (HIER)

製品仕様書

製品仕様書

CD13-304-L-CE
Hematopathology
38C12
Liquid Concentrate
No
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
1ml
PA0304
Hematopathology
38C12
BOND RTU
No
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
7ml

カタログ・取扱説明書など

カタログ・取扱説明書など

関連資料

関連資料

Antigen Background

CD13は、アミノペプチダーゼNとしても知られ、白血球抗原CD10、CD26、CD73および BP-1を含むII型膜内在性メタロプロテアーゼに属します。CD13は、ヒトと数種の動物に呼吸器疾患を引き起こすコロナウイルスに対する受容体です。CD13は、亜鉛メタロプロテアーゼとして機能し、MHCクラスII結合ペプチドのN末端アミノ酸をトリミングすることによりは、細胞表面の抗原提示に役割を果たしています。CD13は、顆粒球、単球、それらの前駆体、ほとんどの急性骨髄性白血病、および急性リンパ性白血病の一部に発現すると報告されています。CD13を発現する非造血系細胞としては、一部の上皮細胞、腎の近位尿細管、腸上皮細胞の刷子縁、内皮細胞、線維芽細胞、脳細胞、破骨細胞、毛細胆管などがあります。

Disclaimer

CD13 is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

Recently Viewed

View All