Human colon polyp: immunohistochemical staining for Beta-Catenin. Note the abnormal translocation of the protein to the nucleus. Beta-Catenin: clone 17C2

Beta-Catenin

beta-catenin

Antigen Background

Catenin(Alpha、Beta、Gamma)は、E-Cadherin分子の細胞内ドメインに結合するタンパクです。Beta-Cateninは、Ca2+依存性の細胞間接着構成要素の1つであり、シグナル伝達およびアクチン細胞骨格との連結固定に必須です。Beta-Cateninは、wnt シグナル伝達経路の転写エフェクターとしての役割を果たしています。免疫組織化学染色は、Beta-Cateninの核内局在性とwnt経路の活性化を証明するために適した方法です。Beta-Cateninの発現低下は、ヒト腫瘍(とくに大腸癌)に観察されます。

Disclaimer

Beta-Catenin is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

  • B-CAT-L-CE
    NCL-L-B-CAT,Beta-Catenin,17C2,1mL
    17C2
    Liquid Concentrate
    P (HIER)
  • PA0083
    PA0083:Beta-Catenin:7mL
    17C2
    BOND RTU
    P (HIER)

製品仕様書

製品仕様書

B-CAT-L-CE
Soft Tissue Pathology
17C2
Liquid Concentrate
No
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
1ml
PA0083
Soft Tissue Pathology
17C2
BOND RTU
No
P (HIER)
Mono
Mouse
In Vitro Diagnostic Use
7ml

カタログ・取扱説明書など

カタログ・取扱説明書など

関連資料

関連資料

Antigen Background

Catenin(Alpha、Beta、Gamma)は、E-Cadherin分子の細胞内ドメインに結合するタンパクです。Beta-Cateninは、Ca2+依存性の細胞間接着構成要素の1つであり、シグナル伝達およびアクチン細胞骨格との連結固定に必須です。Beta-Cateninは、wnt シグナル伝達経路の転写エフェクターとしての役割を果たしています。免疫組織化学染色は、Beta-Cateninの核内局在性とwnt経路の活性化を証明するために適した方法です。Beta-Cateninの発現低下は、ヒト腫瘍(とくに大腸癌)に観察されます。

Disclaimer

Beta-Catenin is recommended for the detection of specific antigens of interest in normal and neoplastic tissues, as an adjunct to conventional histopathology using non-immunologic histochemical stains.

Recently Viewed

View All